• ホーム
  • 生理痛緩和にも役立つ低用量ピル

生理痛緩和にも役立つ低用量ピル

心配している女性

生理やPMSというのは個人差が大きく、それぞれの体質に適した対処法が必要になります。
閉経を迎えるまで基本的には毎月あるので、痛みが続くのは辛く、改善を求める人は多いです。
今はさまざまな痛み止めがありますが、その中でも低用量ピルは上手く活用すると生理痛緩和にも役立ちます。
ピルというのは避妊薬というイメージを持っている人が多いですが、ホルモンに作用する効果を持ち合わせているので、生理痛やPMSなどの女性ホルモンから起こる症状の緩和につながります。
ただ気を付けたい点がいくつかあるので、ポイントを押さえて使用することが必要です。

低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンを配合した経口避妊薬で、毎日欠かさず服用することで100パーセントに近い避妊効果を得られます。
他にも生理痛緩和や月経を整える効果も持ち合わせているので、上手く取り入れることによって女性の日常生活を快適にしてくれるので、辛い時には積極的に活用すると改善につながるはずです。

低用量ピルはすべてが同じ成分というわけではなく、ホルモン量のバランスなどが少しずつ違ってきて、自分に適したものを見つけることが必要になります。
基本的には毎日欠かさず飲むことで効果を発揮するので、条件に適ったものを選ぶと飲みやすくなるはずです。
生理の症状が人それぞれ違っているように、ピルによる効果も異なってきます。
そのためいくつか試して、適したものを見つけるのも大切です。

効き目としては服用することによって、女性ホルモンを補充して体内に変化を起こします。
卵胞や子宮内膜の成長抑制、子宮頚管の粘液強化などとなり、これらの副作用によって生理痛緩和や月経周期を整える効果が得られるのが特徴です。
その他にも女性ホルモンの乱れがある人は整えることによって、さまざまな嬉しい反応が得られます。
女性ホルモンに関わる問題が解決できるので、試してみるのがおすすめです。

毎日飲むことで効果を発揮する

低用量ピルの仕様上で気を付けたいのが、毎日飲むことで効果を発揮していきます。
ただし飲み過ぎは禁物で、服用する時間帯も決めた方が安全です。
そのためカレンダーに印をつける、日付や曜日の書かれたピルケースを利用するなど、自分なりの忘れない方法を見つけ出すことが必要になってきます。
スマートフォンのアプリにもお薬チェックのカレンダーなどがあるので、自分が使いやすいものを見つけてください。
曜日の書かれたピルケースは持ち運びが楽になるので、おすすめです。

生理痛や辛いPMSというのはホルモンバランスの乱れで起こることが多く、ニキビなど肌荒れの原因になってしまう場合もあります。
こういった時も低用量ピルでホルモンバランスを整えることによって、トラブルの解決につながることがあるので試してください。
ニキビ治療薬を使ってもなかなか改善されない、そういった時には肌に付けるだけではなく、体内からホルモンバランスの改善に取り掛かった方が良いです。

生理痛緩和や肌質の改善などさまざまな効果が期待できる低用量ピルですが、気を付けたいのが毎日続ける、服用する時間帯を決めることになります。
飲み忘れはもちろん、飲みすぎも副作用を招く原因となってしまうので、注意が必要です。
カレンダーやピルケースなど自分が忘れないような工夫をするとよく、自分に適した方法を見つけ出すと役立ちます。

低用量ピルは市販されていない市販品なので病院での処方、もしくは個人輸入代行を利用します。
生理痛緩和や肌質の改善はある程度の時間がかかるので、早めに始めるのも大切です。
体調をチェックしながら、持続していくことが症状の改善につながっていくので、試して下さい。