• ホーム
  • 生理を遅らせるならマーベロンがおすすめ

生理を遅らせるならマーベロンがおすすめ

マーベロンは低用量ピルの1つです。
低用量ピルは服用しても副作用が起こり難いことから、多くの女性が活用しています。
避妊目的で服用するイメージの強いマーベロンですが、実は月経痛の緩和や月経時の出血量を抑えるといった効果も発揮します。
さらに生理を遅らせることもマーベロンを、上手く活用すれば可能です。

生理予定日に旅行などが重なってしまった場合、女性にとっては大きな負担となってしまいます。
もし、生理の予定日を変えられたら、思いっきり旅行を楽しめるでしょう。
今まで1度もピルを服用したことが無いという人の場合、マーベロンを生理予定日の5~7日前から飲みはじめ、遅らせたい期間、ずっと飲み続けると生理を遅らせることができます。

ずっと、マーベロンを遅らせたい日まで飲み続けるだけなので簡単です。
マーベロンの服用をストップして、1週間以内に生理が始まります。
今までマーベロンを服用していた人が予定日を伸ばしたい場合は、休薬期間に入らずに新しいシートのマーベロンの服用を続けましょう。
そして伸ばしたい日まで飲み続けます。
ピルユーザー・非ピルユーザーも簡単に月経移動をすることができるので、旅行と生理日が重なりそうという時には、マーベロンで遅らせてみてはいかがでしょう。

ただ、生理を遅らせてしまうと月経痛が強まるのでは、出血量が増えるのではという不安を感じる人もいるかもしれません。
マーベロンは月経痛の緩和や、月経量が多い人の治療にも処方されるピルです。
予定日の変更後に月経痛が強まることや、月経量が増えるということはありません。
このようなリスクはないので、安心し服用することができます。

身体への負担も少なく簡単に生理の予定日を伸ばすことができるマーベロンですが、正しい方法で服用しないと効果を発揮できません。
体内の女性ホルモンバランスをキープできるよう、一定時刻に服用する必要があります。
毎日、できるだけ同じ時間帯に服用するようにしましょう。

月経移動に便利な低用量ピル

マーベロンをはじめとする低用量ピルは、月経移動が簡単に行えます。
生理の予定日を遅らせることができるのはもちろん、逆に早めることも可能です。
生理を避けたい日に低用量ピルを服用する手間暇を省きたいなら、遅らせるよりも早めたほうが良いでしょう。

生理の予定日を早める方法も簡単です。
非ピルユーザーが予定日を早めたい場合には、生理が始まってから5日目~7日目までの間にマーベロンを飲みはじめる必要があります。
そして、早めたい日まで飲み続けましょう。
服用を止めたら1週間以内に消褪出血といって、少量の月経があります。

ピルユーザーの人も同じく早めたい日まで、マーベロンの服用を続けるだけです。
変更後に月経痛が強まったり、出血量が増えるということはありません。
かえって出血量は減るので、女性としては負担を感じないでしょう。
生理を早めたい日まで毎日、低用量ピルを服用するだけの簡単な使用方法ですが、効果を発揮するには一定時刻に服用する必要があります。

飲み忘れてしまうと月経移動することができなくなるので、この時間に服用すると決めておくことが大切です。
朝、起きた時に飲む、夜寝る前に飲むなど同じ時間帯での服用を、守るということが低用量ピルで月経移動するときには、必ず守りたいポイントです。

月経移動が自分の意思で行えれば、旅行やテストなど大事な日に生理で憂鬱な気持ちになってしまうことも避けられます。
特に旅行で遠出するという際に生理になってしまうと、「漏れていないか」、「トイレはどこだろう」と、余計な心配をしてしまいます。
ですので、マーベロンなどの低用量ピルを上手く活用して、月経移動を行えば女性のライフスタイルもグンと高めることができるでしょう。