• ホーム
  • 妊娠を防ぐアフターピルとは

妊娠を防ぐアフターピルとは

アフターピルというのは、予期せぬ妊娠を回避して避妊の効果を高めることができるピルです。
避妊を失敗してしまった場合、72時間以内にアフターピルを服用すれば、その効果は80%から85%の高確率で妊娠を回避することができます。
このタイプのピルの服用方法はノルレボ法と呼ばれる方法であり、現在主流の服用方法として広く定着しています。
72時間以内にこのタイプのピルを1条服用することによって妊娠を回避することができます。
厳密に言うと、排卵を遅らせて受精卵の着床を防ぐ効果があります。

アフターピルというのは体への負担が高い薬であり、別名中絶薬とも言われているほど正しく服用すればその効果は絶大です。
主な副作用としては吐き気を催すことがあり、それは人工的に妊娠中の状態を作り出すためにつわりのような状態に一時的にではありますがなります。
アフターピルにはホルモンバランスを急激に変化させる効果があるので、そのためにつわりのような気持ち悪さにおそわれることがあります。
また、めまいや頭痛をはじめ腰痛や胸のハリといった生理痛とよく似た症状が現れることもあります。

アフターピルはとにかく早く服用することが重要になります。
そのため、通販で取り寄せるという方法は現実的ではなく、できる限り病院で処方したもらうほうが得策です。
服用は72時間以内が効果を高めることができる制限時間内なので、それを越えて服用しても避妊の効果はありません。
それ以上の時間を越えてしまうと、アフターピルとしての役割を果たすことができず、受精卵の着床を防ぐ効果も期待することができません。

このように、アフターピルの服用というのは避妊を失敗してしまったときにいかに早く服用できるかが鍵を握ります。
普段からこのようなピルについての服用方法や情報を収集しておいて知識を深め、いざというときに備えてきちんとした対処法を摂ることができることが大人の女性として求められる行為です。

緊急時に妊娠を回避できる

アフターピルのメリットは、なんと言っても緊急時に妊娠を回避することができるという点です。
正しく服用することによってその確率を高めることができます。
その制限時間は割と短く、72時間以内にアフターピルを服用することが必要です。

まず、性行為をした後に避妊に失敗してしまったとわかったときには慌てずに病院にかかるようにしましょう。
アフターピルは保険適用外なので高額ですが、72時間以内に指示通り服用すれば高い確率で排卵をずらして受精卵の着床を防ぐことができます。
緊急時にはこのアフターピルが最も効果が高い避妊方法です。

しかしながら、アフターピルはホルモンバランスを意図的に変化させるため、副作用が強いのが難点です。
副作用としては強い吐き気やめまい、頭痛や腰痛を引き起こす恐れがあります。
一時的に妊娠状態を作り出すため、つわりと同様の状態になるのでこのような副作用が現れると言われています。
ただ、誤解されやすいのがアフターピルには精子を殺す効果はなく、精子の活動を殺すためには他の薬とコンドームの併用が効果的であるとされています。

アフターピルは中絶薬ともいわれるほど正しく服用すればその効果は絶大であり、緊急時であってもしっかりと妊娠を回避することができます。
注意しなければならないのは、とても強い薬であるため体への負担が大きく、短期間で何度も服用しても良い薬ではありません。
通常はしっかりと避妊をすることが大切ですが、それでも避妊を失敗してしまった場合にのみ服用することが可能です。
また、72時間を過ぎてしまった場合、それ以降に服用しても効果を期待することができません。
緊急時において正しい服用が絶大な効果をもたらすのです。