• ホーム
  • レボノルゲストレルが有効成分のトリキュラー

レボノルゲストレルが有効成分のトリキュラー

笑顔の女性

トリキュラーは低用量ピルで、100%に近い確率において高い避妊効果を誇ります。
有効成分である卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが含まれていて、2種類のホルモンが避妊に適した体内状態に変化することが可能です。
21錠と28錠が販売されていて、7錠の違いは成分の含まれていない偽薬(プラセボ錠)の有無になりますが避妊効果は同じです。
トリキュラーはレボノルゲストレルの効果により高い避妊効果を発揮することができ、排卵抑制や着床阻害・侵入阻害などの作用によって効果を発揮します。
この効果から精子の侵入を阻害したり卵子を排卵できないような状態に抑制することができ、子宮内膜の成長などを予防することで妊娠を阻止することが可能です。
避妊効果はもちろん生理痛を軽減することができたり、月経周期などを安定化することができるでしょう。
月経中に痛み止めを服用していた女性もピルの服用によって痛み止めを飲まなくても生活できるようになることもあり、その効果の高さが現れています。

トリキュラーは成分の含有量が三段階で変化する「三相性ピル」で、1シートで摂取するホルモン量を変化させることによって自然なホルモン分泌に近づけることが可能です。
トリキュラーは赤色の錠剤から白色、そして黄色の錠剤という順番で飲みますが、これらは女性ホルモンの量が異なります。
自然な女性ホルモンの分泌パターンにすることで、女性ホルモンの総量を抑えることができ副作用の発現率などを抑制することが可能です。
トリキュラーの飲み方は生理初日から毎日1錠自分の決めた時間帯に服用し、錠剤の順番が決められているので順番に飲むことが大切です。
服用時間は指定されていませんが、24時間の間隔があると自分が飲みやすい時間帯に服用することができます。
21錠飲み終えたら7日間休薬期間を設け、休薬期間が終わると1サイクルが終ります。
29日目から新しいピルシート飲み始めましょう。

月経周期に合わせて飲むことが重要

トリキュラーの服用方法は1日1回あたり1錠を毎日同じ時間帯に服用するルールになります。
生理がスタートしてから24時間以内にピルシートの1日目から飲み、その後は毎日決まった時間帯に服用します。
これを21日間続け、1シートの服用が終わると7日間の休薬期間があります。
その後新しいトリキュラーを開始しましょう。
トリキュラーの服用時間は指定がなく、自分の好きなタイミングでスタートすることが可能です。
生活するにおいて服用しやすい時間帯を選んで毎日飲むことが大切です。

トリキュラーは21錠と28錠の2種類があり、この2つのタイプの違いは7日間の休薬期間にあります。
21錠は1シートにある21錠を飲むと7日間服用しません。
28錠の場合は21錠のトリキュラーを飲んだら休薬期間の4週目はプラセボ錠(偽薬)、いわゆる成分の入っていない薬を服用することになります。
プラセボ錠は成分が配合されていないので、服用しても休薬期間と同じ状態になります。
28錠は休薬期間中に偽薬を服用することによって、新シートのスタート日を忘れないように利用することが可能です。
7錠の違いがありますがこれらの効果に大きな違いがありません。
飲み忘れが心配な人は28錠がおすすめです。

トリキュラーは避妊効果以外にいろいろな効果を期待することができます。
例えば生理痛を軽減したり、月経周期を改善し安定化することが可能です。
飲み続けると卵巣がんや子宮体がんなどの発見が難しいと言われているがんの発症リスクなどを減少することができます。
女性特有のがんを予防することができるので便利です。
トリキュラーを服用する人にはこれらの効果も求めている人も多くいます。