• ホーム
  • モーニングアフターピルと低用量ピルは違います

モーニングアフターピルと低用量ピルは違います

多くの女性が生理痛が辛かったり、希望しない妊娠を回避するなどで低用量ピルを服用しています。
一方、避妊失敗後にはモーニングアフターピルを使います。
どちらもピルと書いてあるので同じような薬だと思っている人もいるかもしれませんが中身は違います。

両方とも女性ホルモンが入っていることは同じです。
しかし、女性ホルモンの量は違うので使い方もちがいます。
だから、似たような使い方をしないでください。

モーニングアフターピルは名前は似ていますが、女性ホルモンの量が低用量ピルよりも多いです。
その分、女性の体への負担が大きくなります。
希望しない妊娠を回避しようと思って服用する女性は決して少なくありません。
しかし、体への負担を考えると他の方法で避妊した方が良いです。

避妊の方法と言えばコンドームがとても有名です。
男性に協力してもらう必要はありますが、出来るだけコンドームを使うようにしてください。
単に避妊するだけではないからです。

性行為をした場合、性病の感染リスクがあります。
コンドームを使えば性病に感染する可能性が低くなります。
全ての性病の感染を防げるわけではありません。
油断は禁物ですが、コンドームによって防ぐことができる性病はたくさんあるので自分の身を守るためにも性行為の際には使用した方が良いです。

コンドームを使えば絶対に避妊できるとも言い切れません。
避妊失敗後にモーニングアフターピルを服用して希望しない妊娠をしないようにしている女性もいるでしょう。
過信してはいけない方が良いと言うことです。

避妊できるからと言って、モーニングアフターピルにはあまり頼らない方が良いです。
日本では市販されていないのは、それだけ大きなリスクが考えられるからなので、避妊したい人は男性の協力を得てください。
低用量ピルも市販されておらず、やはりリスクを伴います。
どちらも正しく服用していても副作用があるかもしれないので気を付けて服用しましょう。

緊急時に飲むか毎日飲むかという違い

モーニングアフターピルと低用量ピルとの大きな違いは毎日服用するか緊急時だけかです。
低用量ピルは女性ホルモンの含有量が少ないので、毎日服用して、徐々に体の状態を変えていきます。
だから、比較的体への負担が小さい方です。

対してモーニングアフターピルは避妊失敗後に服用します。
モーニングアフターピルの方が女性ホルモンの含有量が多いです。
急激に女性の体の状態を変えてしまいます。

ホルモンバランスが変化すると体調を崩すことがあります。
実際に経験したことがある女性は多いでしょう。
ピルはホルモンバランスを整える目的で服用することが多いです。
ただし、服用することで体内のホルモンバランスが変わるので吐き気などで苦しむことがあります。
低用量ピルの場合は毎日服用しますが、始めの頃だけ副作用に苦しむかもしれません。
服用を続けることで返って体調が改善され、肌の調子までよくなります。

モーニングアフターピルは急激なホルモンバランスの変化によって避妊します。
避妊失敗後はなるべく早く服用しないと効果が発揮されません。
なるべく早く婦人科を受診して処方してもらわなくてはなりません。
性行為の後24時間が経過すると妊娠の可能性が高くなります。
避妊失敗後3日以内に服用すればかなり避妊できる可能性は高いですが、モーニングアフターピルも完全に避妊できるわけではありません。

モーニングアフターピルと低用量ピルはどちらも避妊できると言われています。
飲み方に大きな違いがありますので、混同しないようにしましょう。
希望しない妊娠を回避するためには、これらの力も大きいですが、男性の協力も忘れないでください。
どちらも女性の体への負担があることを知った上で服用しましょう。