• ホーム
  • エストロゲンは女性にとって重要なホルモン

エストロゲンは女性にとって重要なホルモン

エストロゲンは、卵巣で作られて子宮の発育や子宮内膜の増殖などに関係する女性ホルモンです。
妊娠や出産のためには必要不可欠なもので女性にとって重要なホルモンであり、不足すると体や心に様々な悪影響を及ぼします。

生理前に生じる月経前症候群や閉経を迎える時期に生じる更年期障害のつらい症状もエストロゲンの減少が大きく影響しています。
女性は生理や排卵や妊娠や出産や閉経などによりホルモンバランスが乱れやすくなり、それに伴い体や心に不調が出てしまいますが、女性ホルモンのメカニズムを正しく理解して上手にコントロールすることでつらい症状を改善させることが出来ます。

女性ホルモンには卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンがあり、生理前の月経前症候群によるつらい症状が出てしまう原因はプロゲステロンの分泌によるものです。
プロゲステロンが分泌量が増えて優位になると、エストロゲンの分泌量が減り劣位になります。
それがホルモンバランスの乱れにつながり、腹痛や腰痛や肩こりや便秘やむくみや肌荒れやイライラや情緒不安定などのつらい症状が出てしまうというメカニズムです。

更年期障害の場合は、卵巣機能の低下によりエストロゲンもプロゲステロンも減少することで様々な不調があらわれてしまいます。
ホルモンバランスが急激に崩れていき、それに伴い体にも様々な変化があるので悩まされているという人も多いのではないでしょうか。
ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れにつながり、憂鬱な気持ちになってしまったり怒りっぽくなってイライラしたりしてしまう人もたくさんいます。

自律神経の乱れや発汗やほてりなどを始めとする不快な症状が出てしまうだけではなく、骨からカルシウムが流出して骨粗しょう症になりやすくなってしまったり、悪玉コレステロールが増えることで高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすリスクも高くなります。
ですので、閉経を迎える時期になったら生活習慣を改善させて健康面における意識も高めることが大切です。

基礎体温を毎日計測すると良い

エストロゲンの減少やホルモンバランスの乱れを把握してコントロールするためには、基礎体温を毎日計測するという方法が有効です。
生理前の月経前症候群の症状に見舞われる黄体期は黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌による影響で体温が上がります。
プロゲステロンは排卵後に分泌されて生理が始まると同時に分泌量が減っていきます。
この期間は、いわゆる高温期となります。

高温期に対する低温期は、生理開始後から排卵前までの期間です。
この期間はプロゲステロンの分泌量が減りエストロゲンの分泌量が増えるので、体や心の不調が無く女性が最も輝ける期間となります。
更年期障害に悩まされる閉経前はエストロゲンもプロゲステロンも減少するので、高温期と低温期の差が無くなります。

基礎体温を毎日計測することで自分のホルモンバランスを把握することが出来るので、コントロールしやすくなります。
不調に一喜一憂せずにしっかりと向き合うことが出来るようになりますので、積極的に取り入れてみましょう。

更年期障害による症状として、膣内や膣の周りの変化や性交痛や萎縮性膣炎や外陰萎縮症などもあります。
これらの症状もエストロゲンの減少によるものです。
悩まされているという人も多いのではないでしょうか。
そこで役立つのがプレマリンクリームです。
プレマリンクリームを直接膣に塗ることで、エストロゲンの不足を補ってつらい症状を改善させる効果が期待できます。
卵巣欠落症状や膣への潤いの供給や膣の弾力性の維持や膣の乾燥や萎縮や子宮内膜からの出血などにも効果的です。

美肌やバストアップやアンチエイジングなどの美容目的でプレマリンクリームを使用している女性もたくさんいます。
エストロゲンの不足を補う方法の一つとしてプレマリンクリームがあるということを知っておきましょう。
エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを積極的に摂取して体の中からホルモンバランスの乱れに働きかけるのも効果的です。
健康的で規則正しい生活や基礎体温の測定などを心がけて更年期やホルモンバランスの乱れに負けない体づくりをしていきましょう。